ボランティアとは

ボランティア(Volunteer)とは、出来ることを、自らすすんで活動すること。

語源

  • ボランタール(ラテン語)・・・自由・勇気・正義の意
  • ボランテ(フランス語)・・・喜びの精神の意
  • ボランティア(英語)・・・自発性に裏付けられた奉仕者

ボランティアの4原則とポイント

  • 自主性・自発性
    他から強制されたり、義務としてではなく、自分の意志で行う活動です。
  • 社会性・連帯性
    一人ではボランティアは成り立たない。必要とする相手がいて、同じ志をもつ人達とお互い支え合い、学びあう活動です。
  • 先駆性・創造性
    ボランティア一人ひとりの知恵を集め、考えながら、よりよい社会を市民の手で創る活動です。
  • 無償性・無給性
    見返りを求めて行う活動ではありません。しかし、「出会い」「発見」「感動」「喜び」「充実感」が得られます。

ボランティアの心構え

  1. 自分の身の回りから手がけること
    私たちの身の回りには、身近な問題が潜んでいます。小さなことでも継続することに本当の意義があります。例えば、電車内でお年寄りの方に席をゆずる(社会福祉ボランティア)などや目に付いたゴミを拾う(環境ボランティア)などの「ちょボラ」的なことから始め、自分自身のボランティアに対する意識を高めましょう。無理のない活動が継続するための秘訣です。※『ちょボラ』…ちょっとしたボランティア
  2. 相手に合せて活動すること
    相手によかれと思いやったことでも、相手にとって迷惑になっていることもあります。ひとりよがりのボランティア活動をするのは、親切ではなく、お節介になりえます。自分のペースだけで行動するのではなく、相手の思いや願いに根ざして活動することが大切です。
  3. 約束を果たすこと
    ボランティアは、自主的な活動であるがゆえに、約束を果たさない無責任な活動に陥ることがあります。そのような活動は、相手からの信頼を失います。小さなことでも約束を果たすこと、責任を遂行することが必要です。約束できないことは、初めから約束をしない、安請け合いをしないよう心がけましょう。
  4. 活動にけじめをつけること
    活動できる時間・場所などには、限界があり、無理な活動は負担となってしまいます。自分の能力と条件を知り、可能な範囲で目的に合せて活動するよう、けじめをつけることが大切です。
  5. 秘密を守ること
    ボランティア活動の場は、個人的なプライバシーを守らなければならないことが多いものです。ボランティア活動の際に、知りえた情報は、必要以上に他言しないことです。

ボランティアを始めてみませんか。現在募集中のボランティア情報も併せてご覧ください。

社会福祉法人 蕨市社会福祉協議会

〒335-0005 埼玉県蕨市錦町3丁目3番27号
TEL048-443-6051 FAX048-444-7050
業務時間午前8時30分~午後5時15分(月~金)
休業日土・日・祝祭日・年末年始

蕨市社会福祉協議会について

社会福祉法人蕨市社会福祉協議会